Funny stories

ARTICLE PAGE

16 2018

二人の母3

【成均館儒生たちの日々】に登場するキャラクターを、勝手に現代に置き換えた二次創作です。
原作やドラマ版から引用した部分もありますこと、ご容赦ください。


ジェシンが病室を出て行ってから、しばらくしてユニが目を覚ました。
夢と現実の間を彷徨うように虚ろな目をして、傍らにいたユンシクをじっと見つめ、無言で本当のことなのかと訊ねる。
ユニの思いが伝わったユンシクは、目を逸らして彼女の手を握るだけだった。

嘘をついてでも間違いだった、人違いだったと、その一言がどうしても言えない。
夢であってほしいと、ユンシクもユニも同じ思いだった。


 『愛してる…帰ったらすぐ、きみに会いたい―――』

最後に聞いた、ソンジュンの声が耳から離れない。

ユニは天井を向いたまま、両腕で顔を覆う。鼻の奥がツンとなり、目頭が熱くなると涙がこぼれた。
一度出した涙は止まりそうにない。あとからあとから涙が溢れ出し、目尻をつたって枕を濡らした。
どうしても嗚咽を抑えることができず、ユニの切なくて悲しい泣き声が病室に響く。
胸をぎゅっと締め付けられたユンシクは、かける言葉もなく病室を後にした。

.。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。.


ユンシクと交代するために、母が病院にやってきた。
病室の外の長椅子で、うなだれて座るユンシクに気が付くと、隣に腰を下ろして肩を抱いた。
「代るわ…ユンシク。ユニはまだ寝てるのかしら?」
「……少し前に目を覚ました……今、先生が診てくれてる」
「そう……ジェシンさんは?―――」

ジェシンの姿が見えないことに気が付き、彼はどこだと尋ねるミリに、ソウルに戻ったと答えた。
そして、ユニが退院したら韓国を出て一緒になるということと、父親のグンスに許しを請いに行ったと話した。
それを聞いたミリの顔に、一瞬動揺が浮かぶ。
口を開きかけたとき、病室の扉が開いて医師が出てきた。
ミリと、ユンシクが立ち上がって頭を下げると、医師は母子に向かって言った。
「体の容体は、もう心配ないでしょう。体温も、脈も安定していますが、ただ……」
「ただ?」
ミリが不安げに尋ねた。
「まだ動揺されているのか、非常に感情的になられているようですので、安定剤を打ちました…しばらくしてから効いてくるでしょう…何か変わった様子がありましたら、看護師に伝えてください…では」
医師が軽く頭を下げて去っていくのを、母子は深々と頭を下げて見送った。

どさっと、長椅子に腰を下ろすユンシクを見て、ミリは目に涙を浮かべながら重たい扉に手をかけた。
扉の開く気配にユニが振り向いたが、母と気付くなり、顔を反対側に背けた。
一度は落ち着いた涙が再び溢れ出す。

―――ごめんなさい…お母さんは悪くないの。自分が許せないだけ。
 ―――兄だと知っても、まだ…彼を愛してる。

深く傷つく娘の姿に、ミリの目からも涙がとめどもなく溢れた。


母ミリ

―――話さなければ……これ以上ユニを傷つけられない


薬が効いてきたのだろう、ユニが涙の痕を残したまま眠ったのを見て、ミリは病室を出た。
いつの間にかユンシクの姿はなく、辺りに人がいないことを確認すると、携帯電話を取り出してどこかへ電話をかけた。

 『もしもし?』
「お義兄さん、私です…ミリです。実は―――」

電話の相手は、グンスだった。
ミリは、昨夜からの出来事を話し、ジェシンがユニを連れて韓国を出ることの許しを請うため、そっちに向かっているはずだと伝えた。
「―――このままじゃ、あの子が、不憫で…」
電話口で涙ながらに訴えるミリを落ち着かせるように、グンスが言った。
 『わかった…ミリさん。息子と話したら、明日の朝早くにそっちに行く…だから―――』
もう一人で抱え込まなくていいからとなだめ、電話を切った。

「やはり、私は父親失格だ……」
グンスはジェシンの顔に兄のヨンシンの顔を重ね、額を手で押さえた。


※挿入する画像は、管理人の悪趣味により編集・加工を施しており、あくまでもイメージです。否定や侮辱ではございませんこと、ご容赦ください。実在する人物・団体とは一切関係がございません。

にほんブログ村

お気に入りの二次小説は!?




こんにちは。バブルぅです。
お越しくださり感謝申し上げます。
また、拍手や楽しいコメントをくださるゲスト様、本当にありがとうございます。

さて、お話はどちらもなんだか、どんよりとしたシーンでございます。
早く抜け出したいところですが…うふふ、もう少しお待ちくださいね♪

そんな暗いシーンの中…
とうとう!!私めはファンクラブに入会しました~~♪
もちろん、ユチョンでございます(*´艸`*)

3/10(sat)に開催されたFミーティングのあと…
妹から突然電話が入り大興奮で「お姉ちゃん!ツアーやるって!!ファンミーティングで発表があったんだって!」
「???何それ?」
「だから、ユチョンがあちこちでファンミーティングやるの!行こうよ!?」
「……」
あんた、東方神起の中でユチョンは5番目って言ってなかったっけ?

じわりじわりと、うずうず、ワクワク感がやってまいりまして、あの歌声が聞きたい!!
気が付いたら申込み、振込…本日付で登録が完了しました(*´艸`*)

しかし、アラフィフにして、初のファンクラブ。
再会ならぬ、「再燃&初めまして」でございますが、明日3/17、12:00~の先行申込み
はてさて、電話番号のみで、どうやって申し込むの!?
ネット申込み?電話しまくり!?
申込み方法、早速検索します…
はぁ~はたして彼に会えるのかしら…

では…
バブルぅ
関連記事

カラユニ 成均館スキャンダル ソンギュンガンスキャンダル 二次小説 성균관스캔들 ユアイン ソンジュンギ

0 Comments

Leave a comment