Funny stories

ARTICLE PAGE

21 2018

episode1 檀紀4348年

【奎章閣閣臣たちの日々】に登場するキャラを、勝手に現代に置き換えた二次創作です。
たくさんのリクエストをいただいたコロユニの妄想ストーリー♪妄想です。
アダルティな表現も、ややぼかしつつ……ご容赦ください。



―――キム、ユニ…ユニ
 ―――まいったな……

上半身裸でベッドに横たわり、腕枕でスマホをいじっている男の名は、ムン・ジェシン、28歳。
彼は、5日前に出会った女の顔を思い浮かべていた。
二度と会うことはないのに、頭から離れない。

「いてっ!?おいっ」
ジェシンは、下腹部に刺さるような痛みを感じると、ちぇっと舌打ちして、股間に顔を埋めていた下着姿の女を睨みつけた。
「なによぉ!元気ないじゃん!?さては…あっちでさんざん遊んできたんでしょう?」
「アホっ…もういい、今日は気分じゃない」
ジェシンは体を起こしてベッドから立ち上がり、膝まで下がっていたショーツとスウェットを一気に上げた。
「ちょっとぉ…してよ」
さっきまで口を尖らせていた顔がゆがみ、甘えた声で抱いてと強請る。

「帰れ!俺のモノを噛みやがって…なんて女だ!?」
「ふんだ……せっかくシテるのに勃たないからじゃない!」
「……」

ジェシンはTシャツを被りながら、キッチンに行き、冷蔵庫からビールを出して一気に呷った。

ベッドに一人残された女は、シン・ヘギョン。ミスコンの候補にも上がった美女だ。
ジェシンと同い年で、彼の恋人だと周囲に言っていたが、ジェシンの方はそうだとも、否定もしなかった。

「ねぇ?すごく寂しかったのよ……」
まだ下着姿のまま、ジェシンの背後から腰に腕を回して、甘い声で媚びる。
「……聞こえなかったのか?か、え、れ」
どうやら、虫の居所が悪かった上に、ヘギョンの一物を噛むという行為が、彼の機嫌を損ねたらしい。
こうなったら、何をしても彼の機嫌が覆らないことは、よくわかっていた。

ヘギョンは諦めて、床に散らかった服を着ると、ジェシンをひと睨みして部屋を出て行った。

コロ


<登場人物>
ムン・ジェシン/コロ
28歳
ソフトウェアの開発と販売を手掛ける、Q.Y.システムの社員。
「コロ/暴れ馬」の異名を持つ。
普段は口数が少なく、近づき難いオーラを漂わせているが、本当は正義感の強い心優しい青年。
一度怒らすと、手に負えない性分のために「コロ」と呼ばれている。
幼少期に両親が離婚し、父親の再婚相手が連れてきた、ヨナという名の妹が一人いたが、2年前にガンで亡くしている。



※挿入する画像は、管理人の悪趣味により編集・加工を施しており、あくまでもイメージです。否定や侮辱ではございませんこと、ご容赦ください。実在する人物・団体とは一切関係がございません。

にほんブログ村

お気に入りの二次小説は!?



こんにちは。バブルぅです。
お越しくださり、ありがとうございます。

さて…いきなり始めた【セカンド】と題した、あらたな妄想ストーリーですが(;^_^A
メッセージをくださるゲスト様から、コロユニにチャレンジしてみたら?と、たくさんリクエストをいただいておりまして…
どちらかというと、カラユニ大好きな管理人には、少々難しいだろうと思っていました。

が、しかし!!
ただ今、メインで更新させていただいてる【Reincarnation】は、いよいよ佳境に入ったところで、重たいストーリーに(勝手に重たくしてるくせに)、キーボードは何度もデリートキーを叩いてる状況で、足踏み状態…(ToT)
とうとう、私の狭い頭の中でコロ&ユニが膨らんでしまいました。

【セカンド】着地点が決まっていないという、無謀なチャレンジでございます。
もちろん、大好きなカラユニの切ない関係も足しつつ、ツンツンツンデレなコロと、少々やんちゃなユニ(イメージはミニョンちゃんかな?)の、オマケ物語にお付き合いいただければ幸いです♪

更新は思いつくままなので不定期です。
カテゴリは作らず、文章も短め…episode○○とさせていただきます。

あっ【檀紀4348年】とは、西暦2015年です。
2015年の出来事という意味で、特にこだわりはございません(;^_^A

では…また
バブルぅ
関連記事

成均館スキャンダル ソンギュンガンスキャンダル ユチョン 二次小説 성균관스캔들 ソンジュンギ ユアイン

0 Comments

Leave a comment