FC2ブログ

Funny stories

ARTICLE PAGE

14 2017

さらわれたユニ1

【成均館儒生たちの日々】に登場するキャラクターを、勝手に現代に置き換えた二次創作です。
原作やドラマ版から引用した部分もありますこと、ご容赦ください。



企画財政部長官のハ・ウギュを自宅の応接室に招いたイ・ジョンムは、妻のセリョンとソンジュンを同席させ、正式に両家の破談を申し入れた。
誠意をもって謝罪したいと頭を下げる親子に、ウギュは、謝罪よりも大切な一人娘を傷ものにされた責任を問うと、ソンジュンは交際していたことは認めるが、凌辱したという事実はないときっぱりと言った。
断固たる視線で言い放ったソンジュンに、ウギュは返す言葉が出てこなかった。

妻とソンジュンが退席した後、承知できないというウギュに、ジョンムは顔に険しい表情を浮かべ、分厚い封筒を彼に突き付けた。
「長官…この縁談には直接関係のないことですが…あなたの行いに関しては、もうこれ以上、庇いたてできそうにありません。この中には極秘に調査させた報告書が入っています……カン・ジョンジュという男に、身に覚えがございますな?ご令息のインス氏が、国際手配される経緯に至っても…この中に書かれてあります……それだけじゃない。あなたが今の地位に上りつめるまで…あるいは企画財政部長官として、我が国の為に何をしてきたのか……ここに書かれてあることが、虚偽であると…自信をもって言えますかな?」

調査報告の内容は告発するほどの威力はない、出処進退は自ら決めるようにと、ジョンムに促がされたウギュは、手渡された封筒を握り、ぐっと奥歯を噛みしめたまま、一言も発せずにジョンムの邸宅を後にした。


自宅に戻ったウギュは、書斎に閉じこもると、側近の男以外は部屋に近づかせなかった。
いらいらと書斎を何度も行ったり来たりするウギュの足取りを、側近は部屋の隅に立ち、不安そうな目で追っている。

―――あの小娘さえ現れなければ…おのれ…

息子のインスが国際手配中の身で、未だ逃走中であることは、近日中にでもマスコミによって世間にさらされることは明らかだった。
ほんの一筋の望みだった娘のヒョウンとソンジュンとの縁談も、すでに無かったも同然だ。
代々続く一族の名誉や、長官まで上り詰めた自身の社会的地位までもが、破滅の一途を辿ろうとしている。
全ての要因は、キム・ユニという一介の女子大生にあると、そう結論付けた。


「すぐに、ソンとキムの二人をここに呼べ!」

ウギュに命じられた側近は、無言で頭を下げると胸ポケットから電話を取り出した。

1時間もたたないうちに、ウギュに呼び出された男たちがハ家にやってくると、ウギュと側近は男たちの乗ってきた車に乗り込んだ。
数人の男たちと共にウギュが向かった先は、ソヨンのマンションだった。
車の中からソヨンに電話をかけると、今から向かうとだけ言って通話を切った。

.。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。.


ハ家との縁談が白紙になった数日後、早朝の金浦空港にソンジュンはいた。
チャン・サンギュ教授の誘いで、済州の国際コンベンションセンターで開催される、【貧困と格差社会を考える】をテーマにした国際フォーラムに参加するために、2泊3日の予定で出発するところだ。
小さなキャリーバックを手に、ソンジュンはスマホを取り出してユニに電話をかけた。

「やあ、おはよう…起きてた?」
 『ええ、起きてたわ……もう空港?』
「そうだよ…今、チェックインを済ませたところ…行ってくるよ」
 『うん、いってらっしゃい…楽しんできて…』
「楽しむ?きみがいないのにどうやって?地球の裏側に行く気分だ」
 『もう、大げさね。うふふ…気を付けて』
「うん…ホテルに戻ったら電話するよ…遅くなったら…朝まで我慢する」
 『何時でもいいわ。待ってる…』
ソンジュンの耳を、ユニの甘い声がくすぐる。
だらしのない笑みを浮かべるソンジュンに、チェックインを済ませたチャン教授が、冷やかすような顔で『まだか?』と声に出さずに口を動かした。

ソンジュンがユニとの電話を切ったあと、チャン教授にすみませんと頭を下げた。
穏やかな笑みを浮かべた教授が、ソンジュンに尋ねた。
「テムル似の美女だって?」
「え…?」
どこからともなく、ユニのことは教授の耳にまで届いているようだった。
ソンジュンの耳が、みるみる赤く染まるのを見て教授が尋ねた。
「ははは、テムル本人じゃなくて良かった…」
「テムル本人って…教授?どういうことですか?」
ソンジュンが訝しげな表情で教授に尋ねた。
「妙な噂を耳にしたんだが……まあ、気にするな。それより、済州での討論会では、そのだらしない表情を見せないでくれるか?」
「参ったな……すみません、気をつけます」
「はっはっは…」
恐縮しきった表情のソンジュンに、チャン教授は早く行こうと促がした。

チャン教授
チャン教授

.。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。.


 講義中に居眠りしてただろう?
 今から教授とランチに行ってくるよ
 今日の集会の後に開かれる、夜会にも参加するように言われたんだ
 いつきみの声が聞けるんだろう(涙)


講義を終えたユニは、ソンジュンからのメッセージに思わず笑みを浮かべながら、返信のメッセージと一緒に笑顔のスタンプを送った。

 講義中にしっかりと眠ってたから、遅くなっても大丈夫よ(笑)


LINE


送信ボタンを押したユニの顔に、思わず笑みがこぼれる。
画面を指でなぞるユニの背後から、明るい声がして振り返った。
「ユニ!ランチ行く?……あれぇ?嬉しそうな顔…愛しい彼からのLINE?」
「え?…うふふ。さぁね?…行くわ!ランチ…」
友人の言葉に、恥ずかしそうな笑みを浮かべたユニは、スマホをバッグに入れた。

.。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。.


「あ、いた…ユニ!大変よ!」

友人と大学内の食堂で昼食を終え、会話を楽しんでいるところに、遠くから別のクラスメイトがユニの名前を呼んだ。
「どうしたの?」
ユニが立ち上がって返事をすると、彼女は急いで駆け寄りユニに言った。
「大変なの!弟さんが事故に遭ったって。あなたのことを探しているって人が、校門の外で待ってるわ…」
「えっ?ユンシクが?事故!?」
「そう言ってた…若い男の人だった。あなたとは面識がないけれど、弟さんに頼まれて、すぐにあなたを病院に連れて行きたいからって…」

―――病院!?

ユニの顔がみるみる真っ青になり、震える声で友人に言った。
「わかったわ…お願い、案内してくれる?」
「ええ!来て…」
ユニは、一緒に昼食を食べていた友人を振り返ると、「早く行って」と促され、コートとバッグを片手に、呼びに来たクラスメイトのあとに続いて食堂を出て行った。



※挿入する画像は、管理人の悪趣味により編集・加工を施しており、あくまでもイメージです。否定や侮辱ではございませんこと、ご容赦ください。実在する人物・団体とは一切関係がございません。

にほんブログ村

お気に入りの二次小説は!?





関連記事

成均館スキャンダル ソンギュンガンスキャンダル ユチョン 二次小説 성균관스캔들 ソンジュンギ ユアイン

2 Comments

くりこ  

バブルぅ様、お久しぶりで~す。

いよいよ緊迫のシーンの始まり~ドキドキ~

毎回、楽しみにしてるんですけど、挿入画像。
今回はチョン・ヤギョン先生!
ソンスの中でも、大好きなキャラクターの一人です。
碩学で正義漢、情けもある、しかし、原則に忠実で厳しい面も
見せる熱い師匠ですよね!

寒くなってきました。お身体に気をつけながら、
頑張ってくださいね~!

更新、楽しみにいたしております!

2017/11/15 (Wed) 21:33 | EDIT | REPLY |   

aunt Bubble  

Re: くりこ様 ようこそ!

こんにちは。くりこ姫、バブルぅです。
コメントくださり、ありがとうございます♪

> 毎回、楽しみにしてるんですけど、挿入画像。
(*´艸`*)
ありがとうございます♪

> 今回はチョン・ヤギョン先生!
> ソンスの中でも、大好きなキャラクターの一人です。
> 碩学で正義漢、情けもある、しかし、原則に忠実で厳しい面も見せる熱い師匠ですよね!
(*´艸`*)
私も、この俳優さん、アン・ネサンさん大好きで~す(*^^*)
太陽を抱く月でも、父王役でしたよね。
本当、素晴らしい演技で惹きこまれます。

姫?
明日から、うんと寒くなるそうです。
ストーリーもようやく季節が重なって、雰囲気出てきません?

2回目のクリスマス(パスワード記事の予定です)は
……年明けになりそうです…あ~ぁ

風邪などひかぬよう、まだまだお付き合いください♪
では、バブルぅ

2017/11/15 (Wed) 23:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment